コンパクトなチラシを作る

印刷機

場所を取らず配りやすい

チラシといえば多額の費用をかけなくても手軽に広告宣伝に利用できるアイテムとして根強い人気がありますが、中でも近年とみに需要が高まっているのがフライヤーです。フライヤーは通常よりも小さなサイズのチラシのことで、厳密な定義はありませんがA5〜B6版程度の大きさが標準です。折りたたまずに配布するので、視認性が高いという特徴があります。また、場所を取らないため店頭のレジ横などにも置いておけるので便利です。フライヤー印刷は多くのチラシ印刷業者が扱っており、インターネットで発注できるところも少なくありません。完成したフライヤーは、全国に納品してもらえます。インターネットでフライヤー印刷を発注する際は、まず見積もりを依頼します。たいていの業者はホームページに専用フォームを設けているので、入力ガイドに従って用紙のサイズや厚さ、枚数、使う色の数などを指定して送信します。折り返し通知された見積もり価格に納得がいけば正式に制作依頼を行うこととなりますが、その際重要となるのが、紙面のデザインをどうするかという点です。フライヤー印刷のデザインは大きく分けて、A.自分でデザインしてデジタルデータを入稿する、B.あらかじめ用意されたテンプレートを選んで文字や色を指定する、C.すべてを印刷業者に任せる、の3種類があります。このうち最も思い通りのフライヤー印刷を行えるのはもちろんAですが、誰もがデザイン用ソフトを使いこなせるわけではありません。自信がない場合は業者に任せれば、簡単な手書きのスケッチ等を渡すだけでデザインを代行してくれます。

Copyright© 2018 安い費用でチラシを作成しよう【専門の業者にフライヤー印刷を依頼】 All Rights Reserved.